不倫希望の性欲が強い不倫相手を見つける方法

小柳津林太郎の年収や会社経歴プロフィール!バチェラー2から成功する恋愛を学ぶ

バチェラー2の主役、小柳津林太郎さん。

第一印象は完璧なスポーティーな男性という印象を受ける一方で、最終的には親しみを持つことが出来て、男性、女性目線でも応援したくなるような存在でした。

相手を真正面から受け止める姿勢、真剣に取り組む姿勢がまさに素敵でしたね。

バチェラー2の空気感はまさに、小柳津さんしか出せないものであり、アマゾンさんが小柳津さんを指名した理由が良く分かります。

決して経歴、年収の部分だけではなく、男性も憧れるほどの芯の通った魅力ある男性でした。

小柳津林太郎の経歴

現在サイバーエージェントで働かれている小柳津林太郎さん。

現在36歳(2018年6月現在)

6歳から14歳までをニューヨークで過ごす

2006年にサイバーエージェントに入社

現在はAbemaTVの運営に携わっているようです。

高校=PL学園高等学校卒業

大学=慶應義塾大学経済学部

年収予想1500万円~2500万円

サイバーエージェントってどんな会社?

2018年現在のサイバーエージェントの有名な事業は【アメブロ】【AbemaTV】【アプリ】です。

 

1998年に藤田社長が起こした会社です。インターネットがビジネスとして活用される初期の頃の時代です。

 

当時はインターネットがビジネスに使えると民衆に理解されていない時代でした。

 

藤田社長は学生時代からベンチャー企業で勤め、新卒一年目には一人で5000万円以上の売上を上げていたようです。始発から終電までご飯を食べることを忘れるぐらい仕事に没頭するのが藤田社長だったようです。

 

日本を代表する社長の生き方には非常に学ぶべきものがあります。

 

そして勤めていたベンチャー企業の会社の社長から出資を受けて、会社を起業。圧倒的な行動力、営業力がある藤田社長が起業するので成功しないはずがありません。

 

しかし営業の商材も決定していないままゼロから事業を立ち上げている点も注目ポイントです。

 

当時はビジネスモデルも確立しないまま、事業が開始したようです。

 

そしてインターネット技術がある会社の営業を行います。

 

当時はテレアポが主流で1日7件から10件程度のアポを取り、売上を上げる。まさにベンチャー企業のお手本のような行動力です。

 

藤田社長は25歳で最年少上場

 

現在はサイバーエージェントは誰もが知る有名な企業ですが、小柳津林太郎さんが入社された2006年頃は現在の株価の10分の1です。

 

スマートフォンも普及をしていない時代であり、アメブロの会員数も100万人程度です。

 

サイバーエージェントも上場直後はネットバブルがはじけ、藤田社長に対する世間の風当たりは非常に強いものでした。しかしそこからアメブロの黒字化、アプリ開発の着手、インターネット広告事業、AbemaTVなど圧倒的な成果を叩き出した結果が今に至ります。

 

今でこそ就職率は1%を下回りますが、起業当時インターンで働いていた学生が揃って、サイバーエージェントには就職しないと断言していたようです。

 

小柳津林太郎さんのワクワク、未知への追及、後悔しない人生を送るという点が、まさに成功を約束されていない会社で成功されてきた姿が垣間見れます。

 

今でこそ仕事、恋愛、プライベートがキラキラ見えるバチェラーの小柳津林太郎さんも、圧倒的な行動力、努力、継続力でサイバーエージェントの成長に活躍をされている事が想像できます。

 

最初から大企業に入社するのではなく、20代をベンチャー企業で鍛えてきた精神力が恋愛にも生かされているのかもしれません

 

小柳津林太郎さんは入社後3年後には子会社であるCyberXの社長になっています。サイバーエージェント出身の社長はかなり多くいらっしゃいます。

 

それだけベンチャー企業で叩き上げた経験、知識、行動力はビジネスで成功する為の要素になっているのでしょう。

 

小柳津林太郎さんは仕事に対してかなりストイックな点は、バチェラーの自然な会話の中でも垣間見ることができます。

 

仕事を応援してくれる女性だと嬉しいとはっきりおっしゃっているからです。

小柳津林太郎のような男性にモテる為には?

下記の内容は男性の方でも完璧な女性と恋愛をする上で使えると思います。

 

バチェラーになるだけの魅力を持つ小柳津林太郎さん。アマゾンも中途半端な人間を選ぶはずがありません。

 

仕事に対するストイックさ、成果、周りからの評価

イケメン

高収入

家族がお金持ち

周りから慕われる人格者

 

一言で言うなら30代を代表する完璧すぎる男性です。

 

しかしこのような男性に出会う機会、恋愛をするチャンスも人生の中で数回訪れるかもしれません。その時にバチェラー2は非常に役に立ちます。

恋愛は待ちと攻めの二つが大切

バチェラー2に限らず、恋愛ドラマ、恋愛小説で必ず失敗する事例が【攻め過ぎる】事です。

 

自分から動かなければ恋愛が始まらない事が多いですが、押しすぎても有効的に働く場合は非常に少ないです。

 

モテる男性は女性から好意を抱かれることに慣れています。

 

女性30人いたとして、30人と同じように【アピール】したところで埋もれてしまいます。それよりも自分の魅力を小出しに使う事がポイントです。

 

人間としての【引き出しの多さ】を持つことが恋愛において非常に効果的です。

 

知識、人間性、考え方、人生観、結婚観、恋愛観

 

少し喋っただけで相手に全てを理解されるような女性は小柳津さんのような男性には向いていないかもしれません。

 

人間は結果が分かっている事に対して【緊張、ドキドキ、ワクワク】は感じにくいです。

 

例えば受ける前から面接の結果が100%合格であれば、緊張することはないでしょう。

 

また答えがわかっている映画、ドラマは【ドキドキ、ワクワク感】がありません。

 

同じように恋愛も【不透明な部分】を用意しておくことも大切です。しかし不透明過ぎるとまた逆の結果も生まれることも、、、。

 

恋愛は計算通り動く、感情的に動く、成功率は明らかに計算通りですが、相手に計算が見透かされた時には恋愛が成立しないです。

結論=恋愛に答えはないですが、少なくともドキドキ感、ワクワク感、安心感を同時に与える事が出来れば成功確率がググっと高くなります。

小柳津林太郎を見ればモテる要素が学べる

小柳津林太郎さんの恋愛は男女共に非常に参考になる場面が多かったです。

 

イケメンだけ、高収入だけ、性格が良いだけ。これだけで恋愛は上手くいきません。外見と中身が伴って初めて恋愛を自分のモノにすることができます。

 

まさにバチェラーは外見、中身が素晴らしい成功事例なので、男性はもちろん、女性も吸収すれば間違いなく自分の恋愛に活かすことができます。

相手の本当の部分を引き出してあげる

人は誰しも最初は仮面を被っています。人から良く見られたい、過酷な環境で自分を出せないなど。

 

自分の本音をぶつけて受け止めてくれる存在は他の人とは違う特別な存在になりやすいです。

 

強そうな女性に見えても、弱い部分があるかもしれない。

弱そうな女性に見えて、芯がしっかりあるかもしれない。

 

誰が見ても発見できる部分だけではなく、他の人では気が付かないような部分までの理解があると信頼、安心、愛情に変化します。

 

バチェラー2の特徴はまさに【気づき、理解の多さ】が特徴だと思います。

 

本当の姿を見出すことで、心と心がぶつかりやすくなり、上辺の関係だけではない存在になります。

私生活の恋愛で活かす為には、恋愛したい人がいた時に、

 

●相手が話をしやすい環境を、会話を行う事

●話をしても受け止めるという安心感を与えてあげる

 

こういった事を意図的に使う事で心を近づけることが可能です。

相手と真正面から真剣に向き合う

楽しい話、テンションが高い状態だけではなく、真面目な話が出来る存在は恋愛に陥りやすいです。

 

人は誰しもが喜怒哀楽を持っていますが、悲しみの部分を共有できる存在になる事を心掛けることで男女共にモテる事が出来るでしょう。

 

楽しい空間を作り出せることはとても素晴らしい事ですが、本当に悩んだ時に力になってくれる存在ほど頼れるものはありません。

人としての格が高い、人格者である

バチェラー2を見ていると当たり前の事を当たり前に出来る小柳津林太郎さんの素晴らしが良く目に留まります。

 

●ご両親に対する敬意、姿勢

●女性一人一人に対する敬意、姿勢、心の在り方

●男性としての品、誠実さ

 

モテる男性、女性は常識人であり、知識、相手に対する思いやりが強い人です。

常識がなければ幾らカッコよくても頼りなく、恋愛感情が希薄化してしまいます。

小柳津林太郎さんの公式ブログ↗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。