出会い系で不倫する注意点その1 1回目に会うときは相手を警戒する

出会い系サイトで会うときは男性、女性関わらず、一回目に会うときは警戒心を持って会うようにしましょう。出会い系サイトで会って投資詐欺話に乗ってしまう、お金を貸してしまう、弱みを握られてお金をせびられることがあります。絶対に自分は大丈夫と思っている人ほど注意をするようにしましょう。

詐欺グループも手を混んだ方法で騙してくるので、思いがけない手口にひっかかかることがあります。特に優しすぎる人、警戒心がない人は注意が必要です。こんな状況に出くわしたら警戒心を高めましょう。

1 会う場所を相手が指定してくる。(突然の場所変更がNG)

詐欺グループは基本的に複数で行動をしており、念密な計画を立てて行動をしています。例えばラブホテルの部屋に隠しカメラを設置して、そのカメラで撮ったものを家族にバラすと脅されることがあります。似たような案件を防ぐためには、相手が指定してくるラブホテル、場所は出来るだけ避けたほうが良いでしょう。

2 個人情報を聞いてくる(会社名、既婚者かどうか、電話番号)

恋愛をしていると相手のことを聞きたくなるのが当たり前ですが、やたら個人情報を聞き出そうとしてきたときは注意をしましょう。働いている会社、居住地域、既婚者かどうかは嘘を付いて、相手に自分の情報を握らせないようにしましょう。電話番号を教えると、浮気がバレる可能性が上がるので教えないのが得策です。

3 普段生きていると遭遇しないこと事件、事案に遭遇

突然相手に誰かから電話が来る、変な人に絡まれる、浮気相手といるときに何かおかしなことが起きやすいときは注意が必要です。自分がどのような行動、性格をしているか探られている可能性があります。

出会い系で不倫する注意点その2 ガチ恋愛目的の出会い系サイトを使わない

不倫をするときはガチ恋愛をしたい人が集まっているペアーズ、omiai、婚活アプリ、with、タップル、マッチドットコムなどのサイトは使わないようにしましょう。恋愛目的で使用している人は付き合うことを目的にしています。不倫は付き合わなくて、体の関係性を持ちたい人同士で遊ぶのが一番です。

ガチ恋愛出会い系サイトを使うデメリット

1回、2回遊んだぐらいでどうにもならない

スペックが高い異性を求めている

ライバルが多く、普通だと負ける

出会える数は増えるが、発展しない時間の無駄

連絡を取る人がバレて浮気がバレやすくなる

出会い系で不倫する注意点その3 出会える出会い系サイトを使う

不倫で出会い系サイトを使う時に、一番失敗するのが、「出会えないサイト」を使うことです。実際出会い系サイトは「業者まみれ」「さくらだらけ」の出会い系サイトが少なくありません。特に、完全無料を謳っているサイトはほぼ会うことができないです。出会い系サイトは基本的に女性が使うからこそ価値があります。では、女性は何を基準に出会い系サイトを使うか。一番は信頼、安心して使える出会い系サイトです。

運営管理がなっていない、年齢確認がない、サポートセンターがない、個人情報が漏れる、変な人が多い出会い系サイトは使わないでしょう。女性が集まっているサイトは数えられるぐらいしかありません。また、不倫をするときは、恋愛したい人が集まっているわけではなく、

不倫がしたい人妻

軽い気持ちで遊びたい女性

体関係だけを求めている女性

上記の女性が集まっているサイトを使う必要があります。私がオススメをしているのは、こうした女性を集めることにしっかりと広告費用をかけているサイトです。一般的な出会い系サイトは年間に数億円も広告費をかけることができないので、不倫で使うなら下記のどちらかのサイトが良いでしょう。

出会い系で不倫する注意点その4 シャワーを浴びるときに財布を離さない

出会い系のトラブルで良くあるのが、やる気満々でシャワーを浴びているときに、財布の中身を全て盗まれることです。既婚者、会社の勤務中にラブホテルで遊んでいると、なかなか表沙汰にできません。この手のトラブルは1回目ではなく、2回目、3回目に相手を信用させてからお金を盗まれることがあります。

ラブホテルに行くときは、財布を袋に入れることができるビニール袋、その他のチャックがある袋を持ち込みましょう。正直、普通の相手の場合はあなたがシャワーにビニール袋を持ち込んでいてもバレません。現金を盗まれないためには、浮気相手と離れている時に注意をする必要があります。

シャワーを浴びるときは細心の注意をしてください。

出会い系で不倫する注意点その5 会うときはクレジットカードを持ち歩かない

財布が盗まれない、現金が盗まれていなくても、クレジットカード情報を抜き取られることがあります。クレジットカード自体は盗まれていないので、気がつくのに遅れて、後から驚くお金の請求が来ることがあります。

スキミングという方法で、カードを盗まなくても、カードを使える情報が盗み取られてしまいます。

ラブホテルだけではなく、居酒屋でトイレに行っている間、お風呂の脱衣所で被害に会う方が多いです。

浮気をするとき、ラブホテル代は現金主義で支払うようにしましょう。また、不倫をするときはクレジットカードを使うべきではありません。クレジットカードの支払い明細書が自宅に届いて、勝手に見られることがあります。ラブホテル代は名前が変わっていても、すぐにバレてしまうので注意をしましょう。

出会い系で不倫する注意点その6 変な話、上手い話には乗らない

出会い系サイトを使って、投資詐欺、ネットワークビジネス、ネットビジネスを勧誘する人がいます。私も実際に何度か誘われた経験があります。変わったネズミ講、投資案件とかもあるので、すぐにおかしな話だとわかると思いますが、それでも引っかかる人がいるからこそ、未だに行われている方法です。

美人な人が、自分に好意を抱いてくるなどは注意した方が良いでしょう。

ネットの出会いは最初は特に注意をする必要があります。これは男女関わらず、相手を疑って会う方が良いでしょう。

クレジットカードを持ち歩かない、必要以上の現金を持っていかない、明らかに美味しい話には乗らないことがおすすめです。

出来るだけお酒が入らない場所で会うのがポイントです。面倒なトラブル、詐欺に巻き込まれることがあります。

特に既婚者男性だけを狙った詐欺グループもいるようなので、注意をしましょう。

出会い系で不倫する注意点その7 不倫相手は関係がすぐに切れるようにする

出会い系サイト、リアルの出会いで不倫をする場合も、注意するべきことは、不倫相手とお互いに情が入る関係性にならないことです。愛情は憎しみに変わります。愛情が少なければ、憎しみも小さいですが、愛情が大きければ大きいほど、大きな憎しみへと変わります。既婚者であることを黙っていて浮気をする、既婚者であることがバレたと時に仕返しを受ける、嫌がらせを受けることがあります。また、別れを告げた時に相手の感情、行動が変わることがあります。

情が入ると下記のようなことが起こります。特に3ヶ月以上同じ人と不倫をするときは注意をしてください。

別れたくても別れにくくなる

例えば、本妻、本旦那に不倫を疑われている、浮気かもと思われているときは、潔く不倫関係を終わらせるべきです。不倫がバレる人は疑われていることに気が付いているのに関係性を持続させてしまう人です。情があって別れられなくなることが原因です。不倫相手とは長くて3ヶ月までと期間を決めておきましょう。不倫関係が3ヶ月以上になるとどんどん別れづらくなります。

別れを告げてもストーカーされる

相手がこちらを本気で好きになっているとストーカーをされることがあります。会社がバレる、居住家がバレることに繋がります。関係性が3ヶ月未満のまだ、期間が浅いときはストーカーに発展する確率は低いと言えるでしょう。

妻・旦那にバラされることがある

会社にバラされることがある

不倫をしている時から、別れを告げる場面でなくても、こちらの家庭を壊そうとする人がいます。最初は既婚者だと知らなかったけど、本気で相手を好きになってしまった。自分は遊ばれていたんだと認識をした時に、潔く別れる人、相手に仕返しをしてから別れる人がいます。仕返しをされる方法は、会社への嫌がらせ、家庭崩壊のどちらかです。

嫌がらせを受けることがある

不倫に関係する記事はこちらを参考にしてください。

【最新2019年】出会い系の不倫相手募集のコツ12選!30代40代におすすめの最短1日で不倫する方法!

Puri-Buri|【不倫相手募集】と不倫希望の性欲が強い不倫相手を見つける方法

【不倫相手募集の手順と方法】不倫相手を見つける方法総まとめ!今すぐ実践可能

【嫁・妻に飽きた20代30代40代男性の解決策】奥さんにバレない不倫相手の簡単な見つけ方