不倫希望の性欲が強い不倫相手を見つける方法

セックスレスで不倫をしたらいけないの?注意すべき3つの結末

セックスレス

あなたは今、セックスレスで悩んではいませんか。

愛を持って結婚したはずでも、いつのまにかスキンシップがなくなり、セックスレスになっているという状況は多くの人が悩んでいます。

いけないと思いながら、他の人に寂しさを埋めてもらいたいと思ってしまうことあるかもしれません。

そのような人は、どうしたら良いのかわからず、悶々と悩んでしまっているのではないでしょうか。

女として見られなくてつらい…

愛されているのか分からない…

と悩んでいる人も少なくありません。

本記事では、セックスレスになってしまう原因とその後の結末について実際の事例と共にまとめています。

この記事を読めば、一人で悶々と悩む苦しい時間を減らすことができます。

一人で悩んでいると、悶々と辛く苦しい時間が流れてしまいますが、同じ悩みの人がいると分かるだけでも心が楽になります。

是非参考にしてみてください。

1. セックスレスの原因5つ

ベッドの上の夫婦

セックスが好きなわけじゃないとしても、何もないのは寂しいですよね。

大手避妊具メーカーの行った意識調査によると、実は既婚者の55%はセックスレスだという自覚を持っています。

実に半数以上がセックスレスなので、セックスレスは珍しいことではないのです。

この章では、セックスレスに陥ってしまう原因について見ていきます。

セックスレスの原因は主に以下の5つです。

  • 原因1. 妊娠・出産
  • 原因2. 育児ストレス
  • 原因3. 忙しさ・生活のすれ違い
  • 原因4. 老化による精力の減衰
  • 原因5. どちらかの浮気

では、順番に解説していきます。

原因1. 妊娠・出産

1つ目の原因は妊娠・出産をきっかけにセックスレスになったケースです。

女性は出産に伴って、身体の機能やホルモンバランスが変化し、性欲が一時的に引きます。

出産時にセックスレスになり、そのまま行為がないまま期間が経ってしまうケースがよくあるケースです。

実際のケースを見てみましょう。

セックスレスです。現在生後10ヶ月の子を育児中です。旦那とは妊娠が発覚してから、レスになりました。初めての妊娠で、色々とわからず、流産したらどうしようなどと考えてしまい、旦那の誘いに拒否をしてきました。妊娠中は嫌々でしたが、数回してます。産後は、ドラマ等のそういったシーンを見ることも気持ち悪く、もちろん旦那とはできません。旦那は性欲旺盛なので、家族を養ってもらっているのに、それに応えれない自分がダメな嫁じゃないかと悩んでいます。よくセックスのことで、けんかします。産後一回した時、よく濡れる体質の私が、一切濡れず、ただ痛いだけで、苦痛でした。付き合っていた頃は、会ったら毎回だったのに、どうしてこうも逆になってしまったのか。
旦那のことは、色々とあり、好きな気持ちは薄れているのは確かなんです。

昨夜は夜中に何か、ズボンをひっぱられてる感覚に、目が覚めました。すると旦那が引っ張っていて、ビックリ。
無理にでもしようとしていたみたいです。私はそれに怒ってしまい、旦那も怒り、今日は、ムスッと口をあまり聞いてくれませんでした。拒否は男のプライドを傷つけると聞きましたが、どうしても、できないのです。体が受け付けない。どうしたらいいのでしょう。このままだと、離婚になりそうです。

出典:yahoo知恵袋

妊娠が発覚してから、流産などの心配から奥さんが拒むようになり、そのままセックスをしない関係が継続している状態です。

一時的でも、一度拒んでしまうと、その後関係性を戻すのはかなり大変なようですね。

女性は一般的に男性よりも母性が強いと言われているので、子供ができると恋愛モードではなく、子育てモードに入ります。

その男女間の感覚の違いが、妊娠・出産をきっかけにセックスレスを生んでしまいます。

原因2. 育児ストレス

2つ目は育児ストレスでセックスレスになったケースを紹介します。

初めての育児は、夜泣きやミルクの対応で夜も寝れない程過酷です。

そのストレスから、女性はとてもセックスのことなど考えられなくなってしまいます。

実際のケースを見てみましょう。

2人目が生まれてからレスになりました
私が疲れてしまってできません

夫が激務でお互いの実家が遠く、私が1人で育児をしています
セックスする暇があったら寝るか、テレビを見るか、本を読みたいです
子供たちが寝たあと「ようやくゆっくりできる!」と思ったのに、夫が帰ってきてベタベタ触られると「やめてー!!」と思ってしまいます

本当にひどい妻だと思います・・・
夫が嫌いとか、他に好きな人がいるわけではありません
真面目で優しくて、休みの日は家事も育児もしてくれます
話していると楽しいです
ルックスもいい方だと思います

しかし、どうしてもセックスしたくありません

出典:yahoo知恵袋

特に、女性がほとんど家事や育児をこなす場合は、疲れと旦那さんへの不満が相まってセックスを拒んでしまうのかもしれませんね。

以上の理由で、育児ストレスからセックスレスになってしまいます。

原因3. 忙しさ・生活のすれ違い

3つ目の原因は忙しさ・生活のすれ違いでセックスレスになったケースです。

生活サイクルや仕事の忙しさをきっかけに、しばらくセックスがない状態になり、そのままセックスレスになってしまうケースがあります。

実際のケースを見てみましょう。

結婚して1年ですがもうセックスレスです。
私は30代前半、主人は40代後半です。
結婚する前は、結構していました。
結婚と同時に子供ができ、
出産後の忙しさと近くに子供がいる事で
余計にしなくなったのもあります。

もあまり求められないのって寂しいなと思ってきて
そういう話をしますが、進展ありません。
軽いスキンシップはありますが
満足できないのってわがままでしょうか??
男性はやっぱりしなくなるものなんでしょうか??

出典:yahoo知恵袋

子供が家にいることで、余計にしにくくなることもあります。

子供から目が離せないということもあるかもしれませんが、子供を実家に預けるなど、夫婦二人だけで過ごせる夜があると理想的ですね。

以上の理由で忙しさ・生活サイクルの違いでセックスレスになっています。

原因4. 老化による精力の減衰

4つ目の原因は老化による精力の減衰によってセックスレスになったケースです。

特に年齢差のある夫婦では起こりやすい問題でしょう。

妻や旦那の二人同時に精力が減退すれば問題はありませんが、ケースとしては少ないです。

多くの場合は、どちらかの精力が先に減退するので、パートナーが不満に感じるようになります。

実際のケースを見ていきましょう。

セックスレスについて。

うちの主人は今年51、私は35になる16歳差の年の差婚です。
結婚してまだ一年半。
お互い初婚で現在子供ナシです。
結婚する前に話し合った内容としては、主人の年も年だし子供作っても成人する頃は主人も70。
共働きだし二人でお金貯めて、お互い旅行好きだし色々と好きな事して仲良く生きていこう、ということを話し合った上で結婚しました。

結婚するまでは週に1〜2回、結婚して一年くらいは月に数回のセックスがありましたが、この半年はゼロなんです。

私の仕事柄、朝が早い日があるのでそういう日は別に寝てたのですが、いつの間にか朝が早くない日も寝室は別になってしまいました。
私は一緒に寝たくても主人がひょいっと別室で寝る用意始めてしまいます。
明日私早くないよって言っても、有耶無耶にはぐらかされて…。
はじめの頃は悲しいし怒りもあったのですが、今はそれが普通になってしまいました。
レス二ヶ月目くらいに辛くて主人に泣いて訴えてお情けでしてもらえましたがそれっきり。
これが最後でした。

それでも私はまだ30代だしこのまま女として終わるのかと思うと悲しいので、主人に甘えて近くにくっつこうとするとトイレ行ったり冷蔵庫行ったりして避けられます。
最近ではまた避けられるのか、また悲しい気持ちになるのかと思うと触れるのすら怖くて近付けません。

出典:yahoo知恵袋

性欲解消の目的でなく、お互いのスキンシップとしてのセックスができると理想的ですね。

特に、年齢を重ねていくと濡れない、勃たないなどの問題も抱えてくるので興奮や性欲解消だけを目的としないセックスが必要です。

上記の理由で、老化による精力の減退によってセックスレスのきっかけになります。

原因5. 夫の不倫

5つ目の原因は夫の不倫のよって、セックスレスになったパターンです。

不倫をすることによって、パートナーにセックスを求めなくなり、セックスレスになってしまいます。

結婚後、パートナーへの飽きやマンネリ化が不倫のきっかけの場合が多いです。

実際のケースを見てみましょう。

夫より10歳以上年上の妻。今年4月に昇格してから休日出勤が増えた夫。仕方がないと思っていた数ヶ月後、入浴後に身体を洗うタオルが濡れていないことが分かり、少しずつ疑いが深まる。行動確認しながら証拠を集め、12月上旬に確信したため探偵社に不貞調査を依頼する。夫から離婚の話も出てなかったし、私は夫が好きで別れたくなかったので、相手の女性と別れてもらうつもりで。もう数年セックスレスで子供はいない。
見て見ぬ振りしながら12月を過ごす。年明けに調査結果が出る。その前に真実は告げずに夫に淋しい気持ちを訴えた。すると、私の生活を全面否定された。もう一緒に生活したくないと。頭をガーンとやられた気がした。8年間の結婚生活いつからそう思っていたのか。

不倫相手はおそらく同じ職場の人。何回も自宅に通ってる。謝罪と慰謝料を要求して別れてもらうつもりだが、このことが夫にバレたら私と別れるというだろう。

夫から言われたのは、私のイビキが酷くて一緒に眠れない、生活に基本的なことができてない、40歳も過ぎておかしい、1人で好きなように生活すればいいということ。両親の教育が悪いとまで言われ悲しくなる。聞いているとモラハラでは?と思う。確かに何回か注意され、その都度修正してきたつもりだったが、夫はもう何を言ってもしょうがないと感じていたようだ。私が甘えていたのか。

夫の不倫が発覚してから眠れず、食べれず、仕事も手につかず。2週間で6kg痩せた。両親にも友人にも話せず苦しい。夫の態度にも悲しくなる。

出典:発言小町

特に、結婚後の女性は体型が変わるので、そこで冷めてしまう男性も多くいます。

不倫をしてしまうと、妻に求めることは無くなってしまうので、奥さんとしては辛いですよね。

身体だけの関係だから、と割り切ることができればいっそ楽かもしれません。

上記の理由で、夫が不倫をするとセックスレスのきっかけになってしまいます。

2. セックスレスの3つの結末

ベッドの上の女性

ここまでは、セックスレスに陥る原因を見てきました。

セックスレスは夫婦関係の今後に影響する大きな要素になります。

さまざまな原因があって、セックスレスになっていたとしても、セックスレスは夫婦関係を良好に保っていられない程辛く寂しいものだからです。

夫ではない他の人に愛を求めたくなることもあるのではないでしょうか。

実際に以下の結果もあります。

閲覧用を選択した人は除外して、考えると

セックスレスで不倫をした人が8%

セックスレスで離婚を考えている人が52%

セックスレスでも離婚を考えていない人が40%

という結果です。

つまり、セックスレスが原因で離婚をしたい、または不倫を経験している人は全体の60%を占めています。

セックスレスは夫婦関係の今後に影響する大きな要素だということが分かりますね。

この章では、セックスレスになった夫婦の結末について見ていきます。

セックスレスは、主に3つのパターンで結末を迎えることが多いです。

実際のケースを参考にし、自分が望む未来を考えてみてください。

セックスレスの結末は主に以下の3つのパターンに分けられます。

  • ケース1. セックスレスの生活に耐えきれず離婚する場合
  • ケース2. どちらかが不倫をし、離婚訴訟になる場合
  • ケース3. どちらかが不倫をしたが、離婚できず険悪な家庭

では、順番に見ていきましょう。

 ケース1.生活に耐えられずに離婚する場合

ケース1はセックスレスの生活に耐えられず離婚する場合です。

セックスは女性にとっては、唯一の夫とのスキンシップや濃密なコミュニケーションを感じられる場です。

そのセックスが数年間もないということは、愛されていることを感じられず相当寂しく苦しいものになります。

セックスレスで離婚理由になるのでしょうか?
現在私と妻、子供二人(4歳と1歳)がいますが、結婚後からほぼ(結婚当初は二ヶ月に1回程度)レスの状態で、結婚してから半年後にはレスになり、あとは子供を作るための義

務的なセックスしか行っていませんでした。上の子が産まれてから数回誘いましたが「子育てで疲れているから」と理由で拒否され、下の子ができたあとは「もうすることないから必要ないんじゃない?」と冗談のような感じで何度か言われました。確かにこちらも誘う回数は少ないですが、拒否された時のことを考えると、今後もレスが続くのだろうと半ば諦めている状態です。このような場合、離婚を切り出してもよいのでしょうか…。
ちなみに結婚して8年になります。

出典 :yahoo知恵袋

1年以上のセックスレスは離婚事由として認められます。

そのため、相手に明確な理由がなくセックスを1年以上拒まれ続けると、離婚を認められるようになります。

「旦那のことを愛しているけど、セックスレスはつらい」と考えている人も多いのでは。

離婚や不倫を考えているのであれば、離婚を前提とした話し合いがおすすめです。

寂しさや不安から不倫をしたくなる気持ちは分かりますが、不倫をしたとなると、離婚する際に慰謝料を請求されてしまいます。

上記の理由で、セックスレスの生活に耐えきれず離婚するケースがあります。

ケース2.どちらかが不倫をし、離婚訴訟になる場合

ケース2はセックスレスが原因でどちらかが不倫をし、離婚訴訟になるケースです。

不倫の原因がセックスレスだとしても、不倫をすると多くの場合は離婚訴訟になります。

セックスレスはツライものですが、不倫は夫婦関係を壊す不貞行為だからです。

不倫をすると、お互いに心が離れてしまい、夫婦関係を元に戻すのは難しいでしょう。

以下は実際のケースです。

まだ20代なのに女性として扱って貰えず、家にも帰ってこない夫に貞操を守り続ける事に疑問を抱き、自暴自棄になり、レス五年が経った時、仕返しのつもりで三人の男性と関係を持ちました。

出典:yahoo知恵袋

いくら夫にセックスを拒まれ続けても、自分が不倫をしてしまうと、慰謝料を請求される側になってしまうということを忘れてはいけません。

不倫をしたくても、離婚の意志があるなら離婚を先に勧めましょう。

以上がどちらかが不倫をし離婚訴訟になるケースです。

補足情報

セックスレスが原因で不倫した場合、慰謝料請求額は減額されます。

セックスレスにによる精神的な苦痛に対する慰謝料で、不倫による慰謝料と相殺されるからです。

通常の不倫での離婚訴訟の場合、請求額は200~300万円程が相場。

それに対して、セックスレスが原因で不倫をした場合、その請求額から100万円程減額されます。

ケース3.どちらかが不倫をしたが、離婚できず険悪な家庭のままの場合

どちらかが不倫をし、離婚したいと思っているが様々な事情で離婚できず、険悪な家庭環境が続くケースもあります。

不倫をしていても、不倫を自体を否定する場合や、親権を奪い合うところで揉めるからです。

結婚して15年 結婚当初から、主人の女性関係で悩まされています。もう何回 話しあいをしたのか数え切れないほどです。最初は、両方の親をまじえて話し合いしていましたが、15年もたった現在は、もう誰にも言わずに主人と2人で解決しようとしています。本当にこんなに、夫婦は女性関係でもめるのかと思います。何回も何回も修復しても、また繰り返しです。本当にどうしていいのかわかりません。私だけが乗り越えないといけないのでしょうか?

出典:発言小町

経済的な事情から離婚ができず、夫婦間でも一切会話をなく過ごす人もいます。

一時は最愛の人でも、冷めた気持ちを持ったまま、会話もなく同じ空間で時を過ごすのは大きな苦痛を伴うでしょう。

弁護士費用や、不倫の証拠集めなど、どうしても離婚をしたいのであれば相応の準備に時間を掛ける必要があります。

離婚ができない、という状態も考え、慎重な行動を心がけましょう。

以上がどちらかが不倫をし、離婚ができずに険悪な家庭環境が続くケースです。

セックスレスがどうしてもつらい場合はハッピーメール!

ここまで、セックスレスになってしまう原因やセックスレスになった夫婦が迎える結末について解説してきました。

セックスレスになると、特に女性は「もう女として見られないんじゃないか…」「誰にも必要とされない気がして寂しい」と感じる部分もあるでしょう。

セックスレスがどうしても辛い人にはハッピーメールをおすすめしています。

ハッピーメール

身体だけの関係を割り切って使ったり、あまり深く関わりはせず、ドキドキした恋愛を楽しむことができるからです。

継続的な関係を持つと、不倫としてバレるリスクも上がりますが一回だけの関係では、バレるリスクはそう高くはありません。

ハッピーメールのおすすめポイント

  1. 会員数が圧倒的な1300万人
  2. 街灯広告も多いので、若者〜50代まで幅広いユーザー
  3. 顔写真を登録する必要がないので、気軽に使える

会員数も多く、幅広いユーザーが使用しているので、自分のタイプの人を見つけることも可能ですよ。

上記の理由でセックスレスが辛く寂しい場合には、ハッピーメールがおすすめです。

ハッピーメールでの詳しい出会い方を知りたい方はこちらの記事がおすすめです。

まとめ

セックスレスの原因は様々ですが、男性と女性による性欲の差や、子育てや出産に対するスタンスの差から起こっているものが多いです。

一度、長期間に渡ってセックスレスになってしまうと、解消はなかなか難しいのかもしれません。

夫にバレないように不倫をしたり、離婚に踏み切って第2の人生を歩むなどの後悔のない選択をしてください。

セックスレスは辛く寂しいものかもしれませんが、不倫は不貞行為ですので、離婚のときには不利に働いてしまいます。

節度を持って楽しみましょう。

この記事が参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。